ソフトを導入する

2台のパソコン

システムを導入するためには、お金を支払う必要があります。それはどんなソフトウェアであろうと例外はありません。介護請求ソフトは介護サービスの対価を求めるための業務を、簡略化するために制作されました。しかしそれを利用していたのはごく少数でした。なぜなら導入のための費用が高めに設定されていたからです。 この状況が変化した契機は、SaaSと呼ばれる導入方法が登場したからでした。従来のソフトウェアは販売されている製品を、ユーザーが購入してパソコンにインストールする事で利用可能になります。しかしSaaSでは購入手続きを踏む必要がありません。メーカーのサーバーに接続して利用できるため、継続的な課金をする事で利用します。

介護請求ソフトが登場する前は、紙媒体で国保連に料金を要求するのが通例でした。介護サービスの利用者に対しての請求以外にも行う理由は、介護事業に対して国保連の保険サービスが適用されているからです。それが請求先が2種類になる理由です。 介護請求ソフトが登場してからは、金銭の徴収が円滑に行えるようになりました。行ったサービスに応じて求める料金は決まっているので、簡略化しやすい業務だったのです。現在では介護請求ソフトを導入していない事業主の方が少数と言えます。介護請求ソフトは民間が制作するものだけでなく、国保中央会も作るようになりました。国保中央会と国保連は強い関係で結ばれているため、業務内容にも理解があるため当然です。